Featured post

顔の産毛のお手入れについて

わたしの顔の産毛のお手入れ方法についてご紹介します。
まずは、月に1度脱毛専門サロンに通うことです。
何故月に1度しか通わないか?それは顔の産毛の毛周期(毛が生えて成長し、抜け落ちるまでの期間のこと)が約1ヶ月だからです。
それより多くサロンに通っても効果が格段に上がるわけではないのです。
ですから、顔の産毛がふわふわしてきたな…と思うころにサロンで脱毛しています。するとその後1週間程度で今生えている毛が抜け落ちます。目に見えている毛が抜けてしまえば3週間ほどは顔の産毛を気にしなくてよくなります。

フェイシャルエステ安い
次に日常のお手入れですが、これはすべて電動シェーバーを使っています。
脱毛サロンに通っていればある程度の産毛は目立たなくなるものですが、それでも細かい部分は気になってきます。
顔用カミソリを使うより、電動シェーバーを使う方が肌への負担が少ないと感じているので、刃の出ているカミソリは使わないようにしています。
最後にダメ押しの自宅ケアを行います。3日に1度程度の頻度になりますが、顔に光を当てています。
光といっても太陽光や蛍光灯の光ではなく、家庭用美顔器の光です。脱毛サロンで使用する機器より出力は弱いですが、継続的な使用でサロンの効果を長持ちさせられると実感しています。
以上がわたしの顔の産毛のお手入れ方法です。

Featured post

ミュゼのワキ脱毛体験

ミュゼは姉が気に入っている脱毛サロンで、実際の脱毛効果が高いのも姉を見て既に知っていたので脱毛を受けることにしました。夏が来る前にワキを何とかしたいと思っていた私はミュゼで大人気の脱毛プラン「両ワキ脱毛完了コース」を行うために脱毛サロンに行きました。
ミュゼはとっても清潔感の溢れるキレイなお店で、脱毛施設というよりエステサロンという雰囲気が全面に出ています。とてもオシャレで穏やかな空気感が良かったです。まずは脱毛をするために無料カウンセリングを行うのですが、このカウンセリングが「無料」だというのにとても詳しく脱毛についてを教えてくれて、親切だなと思いました。脱毛に詳しいお店の方に悩み相談するととても良い意見が聞けるのでタメになりました。そして脱毛のコースはすでに自分の中で決定していたので、そのまま「両ワキ脱毛完了コース」を頼みました。無料カウンセリングだけでその日は終わりでして、脱毛を実際にするのは違う日です。
脱毛日は事前にきちんと脱毛の為にムダ毛を処理したり、日焼けをしないようにしたりと準備して、ミュゼへと向かいます。脱毛を受けての感想ですが様々な点で満足でした。ムダ毛処理前のケアで使うジェルを乗せた時はとっても冷たくてちょっとびっくりしますがそのおかげで炎症もなく、しっかり脱毛ができました。現在通い続けて半年ほどになりますが、良い感じで毛が抜けてきています。ワキのムダ毛処理をほとんどせずに済んでいるので負担が減り助かってします。ミュゼでの脱毛はとてもオススメです。

 

フェイシャルエステの学校に通っていました。フェイシャルエステの内容と効果について

「フェイシャルエステ」と一言で言っても、ただお顔のマッサージや機械で施術をするだけではありません。一番大切なのは、施術中、リラックスをして「ここ に来たら日常を忘れられる。ついでにキレイにもなれる」そう思うことではないでしょうか。

もちろん、足を運ぶのはたるみやしわ、ニキビなどの悩みがあって 来られる訳ですから、それ相応の効果がなくてはなりません。基本的な施術は、まずクレンジングをして、メイクを落とします。その後ヴァックスプレーという 機械で毛穴の汚れを吸収します。それからスポンジやホットタオルでクレンジング剤を拭きとり、お顔のマッサージをします。

クレンジングからずっとスチーム をあてながらハンドマッサージをするのですが、これが本当に気持ちいいです。私も学校では相モデルになっていましたが、マッサージの最中はほぼ、気持ち よ~く、眠ってしまっていました。そして美容パック。パック剤を拭きとり、機械でイオン導入(お肌にしみ、しわなどに効果のあるエッセンスを浸透)かプロ リフティング(しわ、たるみの引き上げ)、またはハイフルクエンシー(お肌の消炎、殺菌、再生。ニキビ肌に効果)その後は化粧水でお肌を整え、終了となり ます。

エステ店により違いはありますが、大体このような内容です。フェイシャルエステは一度でもお肌が潤い、毛穴の汚れが取れるので効果は出ますが、月に 1、2度は通って、持続しなければ、しみ、しわやたるみなどの効果は期待できません。

始めに、効果がなくてはなりませんと言いましたが、持続してこその、 効果なのです。ずっと通わないといけないなんて、何だか騙されたように思えますよね?けれどやはり、美の道は一日にしてならず、なのではないでしょうか。